Adobe AIRのパッケージングについて

Adobe AIRのパッケージングですが
できるものはzip圧縮で拡張子airのファイルです。
でもAdobe AIR SDKをつかってairファイルを作成します。
何故かというと署名を付加しているからです。
署名ファイルは自己署名でもOKとなっています。

署名ファイルの作成はAntで行うとすると
下記のようにタスクを書いてあげます。
 <target name = “convAIRKey”>
  <java jar         = “${bin.dir}/adt.jar”
        fork        = “true”
        failonerror = “true”
        maxmemory   = “64m”
        timeout     = “300000”
  >
   <jvmarg value = “-Xms16m” />
   <jvmarg value = “-Xmx64m” />

   <arg value = “-certificate” />
   <arg value = “-cn” />
   <arg value = “SelfSign” />
   <arg value = “-ou” />
   <arg value = “<部署名>” />
   <arg value = “-o” />
   <arg value = “<会社名>” />
   <arg value = “-c” />
   <arg value = “JP” />
   <arg value = “2048-RSA”/>
   <arg value = “<自己署名ファイル名>” />
   <arg value = “<自己署名パスワード>” />
  </java>
 </target>

それを元にパッケージングを行います。
 <target name   = “convAIRWin”
         unless = “mac”
 >
  <java jar         = “${bin.dir}/adt.jar”
        fork        = “true”
        failonerror = “true”
        maxmemory   = “64m”
        timeout     = “300000”
  >
   <jvmarg value = “-Xms16m” />
   <jvmarg value = “-Xmx64m” />

   <arg value = “-package” />
   <arg value = “-storetype” />
   <arg value = “pkcs12” />
   <arg value = “-keystore” />
   <arg value = “<自己署名ファイル名>” />
   <arg value = “-storepass” />
   <arg value = “<自己署名パスワード>” />
   <arg value = “<作成するairファイル名>” />
   <arg value = “<マニフェストファイル名>”/>

   <arg value = “-C” />
   <arg value = “<ベースディレクトリ>” />
   <arg value = “AIRAliases.js”   />
   <arg value = “AIRLocalizer.js” />
   <arg value = “<airファイルに含めるファイル名…>” />
  </java>
 </target>

ちなみにAdobe AIR SDKのbinディレクトリにある
adl.exeを使うと現状の確認、テストが行えます。
下記のコマンドです。
 adl.exe <マニフェストファイル名>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください