Yahoo!ウィジェットでのローカライズについて

Yahoo!ウィジェットでのローカライズについてですが
これはベースディレクトリの下に”Resources”ディレクトリを作成し
その下に”ja”などの言語ディレクトリを作成します。
そこにはローカライズ毎に”Localizable.strings”を作成します。

“Localizable.strings”ファイルの中身は
下記のように記述します。
行末の”;”を忘れないようにしてください。
 “foo” = “bar”;

ローカライズされたメッセージを取得するときは
下記の拡張APIを使用します。
 var msg = widget.getLocalizedString(“foo”);

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください