音の再生

今回は各ガジェットにて音の再生と停止についてです。

Opera ウィジェット、Mac OS X Dashboard ウィジェット、
iGoogle ガジェットに関しては拡張APIが用意されていません。
なのでFlash経由などで行う方法しかないようです。

また、音源ファイルにはいろいろとフォーマットがありますが
Adobe AIRはmp3のみサポートしていますので
要注意です。

ではその他のガジェットに関しては下記のように行います。
 Windows サイドバーガジェット:
  <再生>
   System.Sound.playSound(“foo.mp3”);

  <停止> 引数にから文字を設定します
   System.Sound.playSound(“”);

 Adobe AIR:
  <再生>
   if(airSoundChannel != null){
    airSoundChannel.stop();
   }
   var sound = new air.Sound(
    new air.URLRequest(“foo.map3”)
   );
   airSoundChannel = sound.play(0);

  <停止>
   if(airSoundChannel != null){
    airSoundChannel.stop();
   }

 Google デスクトップ ガジェット:
  <再生>
   if(curAudioClip == null){
    curAudioClip = framework.audio.play(“foo.mp3”, onAudioStateChange);
   } else {
    curAudioClip.currentPosition = 0;
   }

  <停止>
   if(curAudioClip != null){
    curAudioClip.stop();
    curAudioClip = null;
   }

 Yahoo!ウィジェット:
  <再生>
   play(“foo.mp3”, true);

  <停止> 引数にnullを設定
   play(null, true);

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください