Adobe AIRのインストールはどうなっていくのでしょうか

いままではAdobe AIRはFlashを利用してインストールなどを行っていました。
Flashがなくなる今後は、どのような経緯でインストールを行うのかなーと、
どのようにAdobeは考えているのかなーと思った次第ですが
具体的な情報はわかりませんでした。。
そんな、今日この頃でした。

Windows10にしてみました

Windows10にしてみました。
スマホ用のアプリみたいのが
デフォルトでインストールされるようになりました。
以前に増してPCよりタブレット側によったOSに感じられました。
デスクトップはそのまま残してだけれども。
Adobe AIRにて作成したガジェットは
タスクバーに表示がのこるが
デスクトップガジェットみたいな感じで動作しました。
ただし、電卓はなぜかインストールに失敗しました。
原因不明です。。

Adobe AIR 4が出ていました

早いもので2007年にAdobe AIRが発表されて
かれこれ7年の月日が経ちました。
そしてバージョンもいつの間にか4へと進化されていました。
月日が流れるのは早いものです。
そしてAdobe AIR 2をターゲットととして作ったものが
いまだにちゃんと動いてくれています。
うれしいものです。

Adobe AIR GalleryがAdobe AppBoxになっていました

いまさらながらですが、
昨年の2013/06に
Adobe AppBoxが
Adobe AIR Galleryへと
名称を変更しリニューアルしていました。
今まではAdobe AIRのアプリ紹介がメインでしたが
これからはPhoneGapを含めた
いろいろなアプリも含めていくそうです。
そして今年もよろしくお願い致します。

ガジェットを更新しました

ガジェットを更新しました
バージョンがそろって”2.6.0″となりました。

電卓、タイマー、月齢、
見出しニュース[Yahoo!JAPAN版]、
検索ボックス、目覚し時計、ライフゲームに対してです。

それぞれ
Windows サイドバーガジェット、
Opera ウィジェット、
Mac OS X Dashboard ウィジェット、
Adobe AIR、
iGoogle ガジェット、
Google デスクトップ ガジェット、
Yahoo!ウィジェットに
対応したものです。

最新のものが見つからなかったら
下記URLよりダウンロードをお願いします。
http://www.aaoh.co.jp/products/gadget.html

そして、今年もよろしくお願いします。

Java7だとadtコマンドでエラーがでる

Adobe AIR 3.1 SDK用の
adtコマンドをつかって
airファイルを作成しようとしたら
下記エラーがでてairファイルが
作成されませんでした。

“Could not generate timestamp: handshake alert:  unrecognized_name”

内部でJavaを呼んでいます。
Java7です。
そこでJava6にしてみたところ
うまく動きました。

まさかこんなところで
エラーが出るとはびっくりです。